セラミドを配合した化粧品の特徴、効果、価格などを紹介。角質細胞間脂質で肌を保湿する方法、アトピー対策なども紹介。

セラミドで乾燥肌対策

乾燥肌対策では肌水分を逃さないことが重要です。肌表面のケアは油分のあるクリームや乳液で行います。ただ油分でカバーしただけでは水分を保持できません。



肌水分の保持には角質の細胞間脂質が重要です。そこでセラミド配合の化粧品を使用します。細胞間脂質の中でセラミドは非常に大事な成分です。セラミドは角質の細胞と細胞の間に存在する脂質です。細胞間にセラミドがまんべんなく存在することで、肌水分の蒸発を抑制し、保湿を維持することが可能になります。

乾燥肌、敏感肌、アトピー肌の人はセラミドが不足しています。また、年齢とともにセラミドの生成力は低下します。冬は空気が乾燥し、湿度が低下するために肌水分は蒸発しやすくなります。そこでセラミドを配合した化粧水、美容液、クリーム等を使用します。セラミドを補給することでバリア機能を改善し、肌を保湿します。化粧品以外ではサプリメントでセラミドを補給する事も可能です。セラミドにはセラミド1,セラミド2,セラミド3などの表記がされています。セラミドがしっかり存在していると、肌水分はしっかり保持されます。

肌質似あわせた乾燥肌対策

肌の質は人それぞれです。そのためスキンケは肌質にあわせたものが必要になります。女性の場合、年齢と共に乾燥、敏感肌が増えて、うるおいが低下してきます。

皮脂やセラミドが減少することで肌水分が不足し、肌荒れや肌老化を引き起こします。乾燥肌を改善するにはセラミドなどの細胞間脂質や肌表面の油分が重要になります。肌が乾燥していると化粧のりも悪くなります。



セラミドを配合した化粧水や美容液に加え、スクワランなどの油分を配合したクリームで肌水分を保持する事が乾燥対策には有効です。乾燥してバリア機能が乱れると紫外線やダニなどが入り込み、炎症によるニキビもできやすくなります。また、アトピーなどのアレルギー性の敏感肌の場合はセラミド配合で無添加の化粧品がおすすめです。

保湿成分で有名なヒアルロン酸やコラーゲンについては角質細胞間脂質ではなく、水分を抱え込む働きがあります。 乾燥対策は小じわ対策、紫外線防止にもなります。セラミドの中でもヒト型ナノセラミドは非常に浸透しやすい成分です。角質層にしっかり浸透して肌を保湿します。

肌のコンディションを整える為には洗顔をした後の保湿もが大切です。乾燥していると小じわ、肌荒れなどの肌トラブルに加え、化粧のりが悪くなります。肌を保湿する成分としてはヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドが有名です。

多くの化粧品にはこれらの保湿成分が含まれています。その中でもセラミドは角質のバリア機能を改善する働きがあり、乾燥肌の保湿には特に効果を発揮します。セラミドは角質細胞間脂質と呼ばれ、水分を保持する働きをします。ヒアルロン酸やコラーゲンは水分を補給する働きがありますが、セラミドがないと、肌水分は蒸発してしまいます。ヒアルロン酸、コラーゲンよりはセラミド配合の化粧品は値段が高めです。乾燥しやすい冬場には使用したい化粧品です。

おすすめのセラミド化粧品 BEST5

アヤナス
化粧水、美容液、クリームのセット。アヤナスには角質のバリア機能を改善するヒト型ナノセラミドを配合。その他にも炎症を抑制するコウキエキス、ハリを改善するCVアルギネートなどを配合。乾燥肌を保湿して肌老化を抑制します。
価格:1,480円 送料無料
ヒフミド
ヒフミドは化粧水、クリーム、UVミクルなどの全てにヒト型セラミドを配合。角質の細胞の間をセラミドがしっかり埋めることで外部刺激をブロック。香料、着色料、パラベン、エタノールなどの化学合成物は無添加だから低刺激です。
価格:980円 送料無料
アスタリフト
アスタリフトにはジェリー美容液、化粧水、美容液、クリームがあります。ジェリー美容液にはヒト型ナノセラミドを配合。角質までしっかり浸透してバリア機能を改善。さらに活性酸素を除去するリコピン、アスタキサンチンを配合することで肌の老化を防止。
価格:1,080円 送料無料
つつむ
つつむはクレンジング、洗顔、化粧水、クリームがあります。化粧水とクリームにはヒト型ナノセラミドを配合。バリア機能を改善します。また、肌水分を補給するアミノコンプレックス、肌の表面をカバーするベントナイトを配合。肌水分を維持しつつ、外部の刺激をブロックします。
価格:1,470円 送料無料
米肌
米肌は石鹸、化粧水、クリーム、エッセンスなどがセット。特徴はライスパワー№.11です。低分子のコメ発酵エキスがセラミドの産生を促進します。さらにダイズ発酵エキスが肌表面をカバーし、外部刺激の侵入をブロックします。
価格:1,500円 送料無料

セラミド化粧品「アヤナス」が選ばれるポイント

ヒト型ナノセラミド配合
乾燥肌、敏感肌アトピー肌の人は常にセラミドが不足し、角質のバリア機能が乱れています。その結果、外部刺激をうけやすくなっています。アヤナスのセラミドはヒト型ナノセラミド。角質の奥までしっかり浸透し、角質細胞の間を埋める働きをし、アミノ酸やヒアルロン酸などの保湿成分が蒸発するのを防止します。
コラーゲンを強化
アヤナスにはコラーゲンの産生を強化するCVアルギネートを配合。さらにアヤナスの美容液にはほうれい線の原因となる糖化を予防するシモツケソウエキス、ターンオーバーを活性化する酵母エキスを配合。シワやたるみ、ほうれい線の原因を抑制することで肌老化の改善をサポートします。
バリア機能で外部刺激をブロック
アヤナスのクリームには肌表面をしっかりカバーするヴァイタサイクルヴェールを配合。ヴァイタサイクルヴェールにはベントナイト(海泥)は含まれています。紫外線やダニなどのアレルゲンをブロックすることで肌荒れを防止。その他に炎症を抑制するコウキエキス、グリチルリチン酸なども配合し、メラノサイトの活性化を予防します。

アトピー肌にはセラミドがおすすめ

アトピー性皮膚炎に悩む人が増えています。特に乾燥しやすい季節になると炎症が酷くなる傾向があります。部屋では出来るだけ加湿器などで湿度をあげるようにします。そしてお風呂から出た後は化粧水などですぐに保湿します。



アトピーの肌は肌表面が乾燥しています。セラミドが不足しているため、角質のバリア機能が乱れて外部刺激によるダメージを受けやすい状態にあります。セラミドが角質細胞の間をしっかり埋める事で肌水分の蒸発、外部刺激の侵入を防止します。

アトピー肌の場合は界面活性剤、香料、パラベンなどの化学合成物が含まれていない化粧品がおすすめです。セラミド配合化粧品ではヒフミドがおすすめです。刺激成分は無添加だから、化粧品による炎症を予防します。アトピーの炎症が酷いところは皮膚科のクリームなどを塗るようにします。

炎症が回復してきたらセラミド化粧品を使用し、バリア機能を改善するようにします。大人のアトピーの原因となりうるダニ、ホコリ、紫外線などのアレルゲンをセラミドのバリア機能で阻止する事がアトピーによる炎症を抑制してくれます。

セラミド配合のオールインワン化粧品も人気

乾燥肌対策に欠かせないセラミドを配合したオールインワン化粧品も人気です。オールインワン化粧品は化粧水、美容液、美容液、クリームなどの役割を1つでこなせる化粧品です。洗顔後はオールインワン化粧品だけでスキンケアを終わらせる事ができます。

オールインワン化粧品は仕事や子育てに忙しい女性にとても人気です。また、化粧水、美容液などを別々に購入するよりも経済的です。メリットは時間短縮、コスパに優れている点、デメリットとしては、保湿力が弱くなる点があります。



今、売れているオールインワン化粧品はメディプラスゲルです。ポンプタイプだから、扱いやすく、保湿成分もたっぷり配合されています。特に、乾燥肌に欠かせないセラミドを3種類も配合。角質のバリア機能を改善し、潤いを持続します。他にもヒアルロン酸、コラーゲンなどの潤い成分も含まれています。

メディプラスゲルにはコラーゲン生成をサポートするビタミンC、プラセンタをはじめ、油分で皮脂膜を作るスクワラン、アボカド油、炎症を抑制するグリチルリチン酸などの植物エキスなど、合計62種類もの美容成分が含まれています。

肌に優しいのもメディプラスゲルの特徴です。合成界面活性剤をはじめ、香料、着色料、防腐剤、鉱物油は無添加。アトピー肌や敏感肌の方でも安心して使用できます。ファンデーションをするときにダマになりやすく、ボロボロがでやすいので、化粧をする時は時間をあけることをおすすめします。

セラミド配合の化粧品について詳しくは
http://xn--eckp2g416lubdy3chtxvn5avyk5g0akqj.com/